『腸活』は健康にも美容にもMust!

腸内環境を整えるための活動=「腸活」。

腸内環境を改善させるだけで、健康に!キレイに!そしてダイエットも!

 

f:id:shunsukeohashi23:20180406183314j:plain

 

そもそも腸内環境を整えるとはどういうことなのか?

人の腸にすむ腸内細菌は約3万種類、100兆~1000兆個が生息し、1.5㎏~2㎏の重量になります。その中には人に良い影響を与える善玉菌もいれば有害な悪玉菌もいて、それらのバランスを「腸内環境」と呼びます。

 

健康な腸内では、乳酸菌のような善玉菌が悪玉菌の増殖を抑えています。この善玉菌優勢の状態が「いい腸内環境」です。逆に悪玉菌が増えて腸内環境が乱れると、下痢や便秘を起こすことになります。

 

善玉菌と悪玉菌のバランスはストレスや食事、加齢などでも変化するため、乳酸菌を摂って、善玉菌が優勢な健康な腸内環境に整えることが大切です。

 

人の腸内細菌は、大きく分けて3グループで構成されています。

1.善玉菌:体に良い働きをする

2.悪玉菌:体に悪い働きをする

3.日和見菌:腸内の善玉菌、悪玉菌の優勢な方に同調(味方)して作用する

理想的な状態は、善玉菌:日和見菌:悪玉菌=2:7:1 と言われています。

このバランスが崩れると、便秘・下痢、生活習慣病や肌荒れ、肩こり、老化などに関係していきます。

 

腸内の善玉菌の割合を増やす方法には、大きく分けて2通りあります。

1.ビフィズス菌や乳酸菌を含む食品を直接摂取する方法

2.オリゴ糖や食物繊維を摂取する方法

腸内環境を整えるポイントは、生きたまま腸まで届く「乳酸菌」を摂ることです。さらに、腸内の善玉菌のエサとなる食物繊維(水溶性)、便や老廃物を促す食物繊維(水溶性・不溶性)も一緒に摂るとさらに効果的です。

そのほかにも「腸活」の方法として、運動やマッサージ、断食、十分な水分摂取などがあります。栄養摂取も運動も出来るだけ継続して続けることが大切です。

 

腸内環境が健康的な状態であるかどうかを知るもっとも簡単な方法は、便を観察することです。色は黄色から黄色がかった褐色で、においがあっても臭くなく、柔らかいバナナ状が理想です。逆に黒っぽい色で悪臭がある便は、腸内細菌のバランスが悪くなっている状態です。腸内環境の状態をよく知ることが、健康づくりには大切です。

 

「腸活」の効果!

・便秘解消効果

・血流アップ効果

・自律神経を整える効果

・ダイエット効果:血流アップで基礎代謝が上がります

・免疫力アップ効果

デトックス効果

・肌代謝アップによる美肌効果

などさまざまな効果が期待されます。

 

「腸活」と言っても特別に何か難しいことを行う必要はありません。

自分の体の状態のことを把握してあげればいいだけです。

いつまでも若々しくいるために、今から一緒にはじめましょう。