『活性酸素』を吸収するにはファイトケミカルス!

皆さん!『ファイトケミカルス』ってご存知でしょうか?

不調や老化の原因である「活性酸素」を吸収するのにとても重要な栄養素です。

 

f:id:shunsukeohashi23:20180401221741j:plain

 

日本人の食生活で不足しやすいのは、野菜と果物と言われています。

1日に必要な野菜の摂取量は350gですが、日本人は全ての年代において必要な量を摂ることができていません。また、350gの内訳を淡色野菜230g緑黄色野菜120gと打ち出しています。重さばかりを気にするのではなく、どんな野菜を食べているかが重要です。野菜や果物の不足は、ビタミン・ミネラルや食物繊維、ファイトケミカルスの不足につながります。

 

偏った食生活や悪い生活習慣が原因で大量に発生する「活性酸素 

活性酸素」は、生命を維持するのに必ず必要なものです。しかし、偏った食生活や、ストレス、飲酒・喫煙などの悪い生活習慣、紫外線などによって活性酸素が過剰に発生すると身体を酸化させ、老化や体調不良を引き起こしてしまう物質なのです。

深刻化すると病気や生活習慣病につながることも!

 

そこで登場するのが性酸素吸収力「ファイトケミカルス」

“phyto”は植物、“chemical”は化学成分=植物由来の化学成分!

ファイトケミカルスとは、植物だけに含まれている有用成分の総称で、活性酸素を吸収する力があり、第7の栄養素とも呼ばれています。

身近なものでいえば、赤ワインに含まれていることで話題になったポリフェノールも、ファイトケミカルスの一つです。これも活性酸素を取り去る抗酸化力があります。緑茶に含まれるカテキン、大豆に含まれるフラボノイド、ニンジンやカボチャなどに含まれるカロテン類など、数千~数万種類もあるといわれています。

 

ファイトケミカルス」は皮や種子に多く含まれる!

野菜や果物の中でも、普段は食べずに捨ててしまう皮や種子に特に多く含まれています。より効率良く摂取するには、調理法を工夫して皮や種子も捨てずに丸ごと使うことが重要です。

 

ファイトケミカルスを効率よく摂取するには?

1.無農薬やオーガニック栽培の野菜・果物を食べる

2.野菜や果物を丸ごと食べる

3.色々な種類の野菜・果物をバランス良く食べる

4.サプリメントで補う

サプリメントは慎重に選んでください。

マルチビタミンサプリメントは世の中に沢山あるので、どこでどのように作られているのか、有機栽培か、ファイトケミカルスは含まれているのか、品質はどうかなど自分の身体の一部になるものなので、ものを知ることを忘れずに!

 

いつまでも「健康」で「美しく」人生を謳歌できる身体を作りましょう。