「食後の歯磨き」は危険だった!!

「虫歯や歯周病になりたくないなら食後すぐに歯を磨くな!」

この言葉は最近ではよく耳にしますよね。

 

竹屋町森歯科クリニック、院長:森昭先生

著書に『歯はみがいてはいけない』(講談社新書)

今、注目されている本なので興味のある方は読まれると良いと思います。

 

口腔ケアの絶対常識!!!

え?なんで歯を磨いてはダメなの?

では、どうすれば良いの?

と、思う方は沢山いるかと思います。

なぜダメなのか?その理由と正しいケアについて簡単に説明したいと思います。

 

 

なぜ、食後に歯を磨いてはダメなのか?

“飲食後の歯の表面は酸性になり、非常に軟らかい状態です。そこを歯ブラシでこすれば歯が傷つき、かえって虫歯の原因になります。さらに口内の細菌を正常に保つ役割を果たす大切な唾液を歯磨きによって口の外に吐き出しているのです”

と、竹屋町森歯科クリニックの森昭先生は言います。

食後に歯磨きをすることで大きく2つのデメリットがあります。

①歯が削れてしまう

②唾液が持つ効能を得られない

 

①歯が削れてしまう

食後はリンやカルシウムが唾液に溶け出し、歯が軟らかくなります。その状態で歯ブラシで擦ってしまうと歯が削れ、知覚過敏にもなります。

 

②唾液の効能が得られない

唾液には、食後軟らかくなった歯の表面を修復する働きがあります。また、唾液には抗菌作用があり、歯周病菌をはじめとする口内細菌を除去する役割があります。食後は、食物を消化するために最も多くの唾液が分泌される瞬間です。それを、歯磨き粉とともに洗い流して吐き出してしまうのが「食後の歯磨き」なのです。

 

 

では、正しい口腔ケアとは?

歯周病を防ぐには、その原因となるプラーク歯垢)コントロールが重要です。

歯垢が一番できやすいのは、唾液がほとんど出ない寝ている時間帯です。

そこで、歯垢を効果的に除去するためには、朝の起床時と寝る前に、軽く水にぬらした歯ブラシで歯と歯肉を軽くブラッシングすること。さらに、デンタルフロスや歯間ブラシを使って歯の間の歯垢を丹念に取り除くことが大切です。

毎食後のケアは、デンタルフロス歯垢を取り除き、歯間に唾液の通り道を作って、唾液が最大限の浄化作用を発揮できるようにしましょう。

◎寝る前、起床後すぐの歯磨き

◎飲食後のデンタルフロス or 歯間ブラシ

この1日5回のケアをしっかり行っていれば、60歳、70歳になっても自分の歯を保てるはずです。

 

 

市販の歯磨き粉は注意が必要!!

歯磨き粉には余分な研磨剤が含まれているため、歯が削れてしまいます。

また、人工界面活性剤が入っているため泡立ちが良すぎて、歯の隙間などに磨き残しがあっても目視で確認できません。

歯磨き粉がなくても、デンタルフロスと歯ブラシだけで十分に歯垢は取れます。

 

 

「舌回し運動」で唾液の力を活用!!

舌で全ての歯の表面をなぞる運動です。

時計周り、反時計周りの各10回行うことが理想的です。

竹屋町森歯科クリニック、院長:森昭先生が薦めている虫歯予防法でもあります。

唾液には口腔内細菌の増殖を抑制する抗菌作用、食べかすや歯垢を洗い流す浄化作用だけでなく、飲食後に酸性に傾き、軟らかくなった歯の表面を修復してくれる再石灰化作用もあり、天然の虫歯予防剤ともいえます。

さらに、「唾液に含まれるリゾチームという抗炎症成分が、歯周病、歯周炎の歯茎の炎症も抑える」といわれています。

 

 

歯の磨き方や自分の歯磨きの癖などはプロに習うのが一番です。

定期的に予防歯科に通って検診と合わせて歯磨きの仕方を学ぶのも良いでしょう。

正しい口腔ケアでいつまでも自分の歯を保ちましょう。