『AGA対策』~食事編~

AGA(エージーエー)とは、「男性型脱毛症」を意味します。

成人男性に発症する進行性の脱毛症。

額の生え際や頭頂部の髪の毛が徐々に薄くなっていきます。

AGAが原因の薄毛の場合、症状は進行性のため、一旦発症してしまうと効果的なケアをしない限り症状は進行し、薄毛が目立つようになっていきます。

しかし、薄毛になっても、うぶ毛は残っています。

毛包が残っている限り、髪の毛は育つ可能性があるため、薄毛改善はできます。

 

 

どうして薄毛になるのか?

AGAを引き起こす原因となる、テストステロンは体つきや体毛に作用して男性らしさを強める男性ホルモンです。テストステロンは誰でも分泌されているものであり、血液を介して全身を巡っています。このテストステロンが酵素5α-リダクターゼと結びつくことでジヒドロテストステロン(DHT)を代謝し、このDHTの作用で毛母細胞の活性が低下し薄毛になっていきます。ジヒドロテストステロンがヘアサイクルの成長期を短くし、髪の毛が長く太く成長する前に髪の毛を抜いてしまっています。ジヒドロテストステロン(DHT)の影響を受けやすい体質かどうかで、AGAになりやすいかどうかが決まります。

 

 

薄毛を引き起こす5α‐リダクターゼ!

テストステロンは髪の毛には無害な男性ホルモンです。

しかし、加齢などで減少してきたテストステロンを補うために、5α‐リダクターゼという酵素が働き、ジヒドロテストステロンに変化させます。

ジヒドロテストステロンに変化する際に、強い脱毛作用が生まれてしまうのです。

5α‐リダクターゼを元々多く持っている体質の人もいます。

 

DHTは、食事、生活習慣、運動、薬、サプリメントなどさまざまな方法で抑制が可能です。しかし、病院に行くのは勇気もいるし、お金もかかる。運動もなかなか行う機会がない。と思う方は沢山いるかと思います。

そんな方のために、まず生活に直結している食事に着目してみます。

 

 

ジヒドロテストステロンを食事で抑制!

ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制するには2つの方法があります。

①DHTの材料であるテストステロンの分泌を抑える食事

②DHTを作り出す5α‐リダクターゼの分泌を抑える食事

 

①テストステロン(男性ホルモン)を抑える食事

大豆イソフラボンの摂取が重要です。豆腐や納豆などの大豆製品に含まれている大豆イソフラボンは、体内に入ると女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをすると言われています。エストロゲンの増加はテストステロンの抑制に繋がるので、大豆イソフラボンを摂取することでDHTの原料供給を抑えることができるのです。

 

②5α‐リダクターゼを抑える食事

亜鉛の摂取が重要です。亜鉛は髪を生産する働きがあるほかにも、5α‐リダクターゼを抑制する働きもあります。しかし、亜鉛はそのまま摂取しても効率よく吸収されません。ビタミンCやビタミンB6なども一緒に摂取することが望ましいです。亜鉛は牡蠣や豚レバー、牛肉などに多く含まれています。牡蠣にレモン汁を付けて食べるなど食べ方の工夫が大切です。亜鉛の過剰摂取は逆に薄毛になります。何事も適量が肝心です。

 

☆アルコールは控えるようにしましょう。

アルコールを分解する際に、亜鉛などのミネラルやビタミンなどの栄養を消費してしまいます。亜鉛が消費されてしまうことで、DHTが増えてしまいます。過剰摂取しないように気を付けましょう。

 

 

AGAは遺伝や男性ホルモン、生活習慣などさまざまな要因が複合的に絡み合って起きています。自分は何が原因なのかを知ることが必要です。進行してきているのであれば、専門病院に受診することも早期改善には重要です。

まず、薄毛改善への第1歩を踏み出すことが大切です。