食べたら『翌日絶好調』の思い込み!

 今日食べたもので明日健康になる?

そんな都合のいい話……と思いますが、効くものも効かないものもあります。ウワサや思い込みをリセットし、何がどう効くのか知っておきましょう。

 

f:id:shunsukeohashi23:20180405234202p:plain

 

今日食べたものが明日、体になるのか?

 体にいいと言われると試してみたくなるのが人情です。今日食べて明日には効果抜群と言われるものも少なくありません。翌日お肌プルプル、これで明日は快腸など、「そうだったらいいな」という健康情報は本当なのでしょうか?

 体は食べたものでできています。しかし、今日食べたものが明日には体になるわけではなく、一朝一夕に変わるものでもないのです。栄養成分の働きを知って、いいものを上手に食べるための知識を持つことが大切です。

 

 

即効性はなし!すぐに届かない栄養素!

コラーゲンでお肌ツルツル

 コラーゲンはそのまま肌には届きません。タンパク質として消化され、再び皮膚となるには時間がかかります。しかも必ずしも肌に再生されるとは限らないです。美肌のためにはタンパク質を含め、バランスのいい食事が大切です。

 

生きたまま腸まで届く乳酸菌

腸内環境を整えると免疫力が上がり、さまざまな不調に効果があります。そのためには、腸内にすむ微生物のバランスを良くすることが重要です。善玉菌の代表が乳酸菌ですが、摂取した乳酸菌は胃酸などで死んでしまうこともあります。しかし生きたまま届くと良い菌もあれば、死んでしまっても効果がある菌もあり、必ずしも生きたまま届くことが重要ではないのです。それよりも1~2日摂取しても効果は上がらないので、自分に合う乳酸菌を見つけ、毎日食べましょう

www.shunsukeohashi23.com

 

 

イライラ解消にカルシウム

 カルシウムには脳神経の興奮を抑制する作用があることが認められています。それならカルシウムが不足するとイライラするはず! という通説から、短気な人、怒っている人はカルシウム不足じゃない? などと考えがちです。しかし、カルシウムを摂ればすぐにイライラ解消に繋がるかといえば、それは✖です。カルシウムは体にとって重要な成分だから、体内で厳密に管理され、食べたらすぐに神経に作用するというものではないのです。

www.shunsukeohashi23.com

 

 

 疲れ目にアントシアニン

  疲れ目にブルーベリーという説を聞いたことがあるのではないでしょうか?ブルーベリーにはアントシアニンという植物色素が含まれ、このアントシアニンには、光を受けると分解され「見えている」という信号を送るロドプシンという物質が再合成するのを助ける働きがあります。しかし、目が疲れた時に即効性があるわけではなく、習慣的に摂取することで、ロドプシンの再合成がうまくいくようになり、見る力の強化につながります。ブルーベリーだけでなく、赤じそやブドウ、黒ゴマなどにも含まれています。 

www.shunsukeohashi23.com

 

 

 

 

即効性を求めてしまいますが、食べ物は気が付いたら体に良いものばかりを食べるようになっていた。というような無理のない自然な長期継続がパワーを発揮します。効果はすぐには目に見えませんが、その積み重ねが絶好調の体を作っていきます。

食べ物を意識して変えると、体は必ず応えてくれます!