「サラダ油」と「マーガリン」で健康崩壊!

健康にいいといわれてきた油が実は健康を蝕んでいたのです!

知らぬ間に食べている油の現実。

きちんと知って上手に食べましょう!

 

f:id:shunsukeohashi23:20180407112216j:plain

 

植物油の過剰摂取でアレルギー患者が激増!

 植物油と動物性の脂のどちらが健康的かと問われたら、大半の人は植物性と答えるのではないでしょうか?しかし、リノール酸主体のサラダ油の摂り過ぎはアレルギー性疾患や大腸がんの発症に関係していることが話題になっています。

 かつては、血中コレステロール値や中性脂肪を減らすとしてもてはやされたが、今では摂りすぎに警鐘が鳴らされています。大豆油やなたね油などの植物油を調合したサラダ油は、安価なことから市販の惣菜や加工食品に使われ、我々の口に入り続けています。

 一方、トランス脂肪酸の害も問題視されてきました。欧米では規制され始めていますが、日本では体に害があるほどの量は食べていないという理由で規制はないです。マーガリンだけでなく焼き菓子、パンなどにも使われています。食卓で植物油とトランス脂肪酸の2種類の油を控えていても、外食や加工食品を摂っていれば、知らず知らずのうちに摂取しているはずです。

 油脂には、舌からの刺激で脳を興奮させ、「うまい!」と感じさせる特徴があります。米食だった日本人の食卓に、肉や乳製品など欧米型の食事が短期間で浸透したのも、こうしたことが理由でしょう。

 

 

トランス脂肪酸の現実!

 トランス脂肪酸で有名な食品が「マーガリン」や「ショートニング」です。マーガリンやショートニングの原材料は植物油です。本来植物油は常温で「液体」なのですが、保存に適した形に変えるために「水素」を添加し、「個体油」へと変身させます。

 マーガリンは「プラスチック食品」とも呼ばれています。この呼び方を考えたのは、アメリカの研究員なのですが、マーガリンを顕微鏡で見たときに、プラスチックと同じような構造をしていることに気が付いたからだそうです。

 この化学系油の健康問題が顕著になったのは、2003年にWHO/FAOがトランス脂肪酸は心臓疾患の増加に関係するというレポートを発表したことがきっかけです。これを受け、心臓疾患が深刻なアメリカでは2018年6月から使用を規制します。ヨーロッパでもイギリスやフランスが、食品事業者などに対して使用量を減らすように促しています。

 研究が進むにつれ、糖尿病や認知症にも関係している可能性が分かってきて、日本でも早期の規制が叫ばれています。

www.shunsukeohashi23.com

www.shunsukeohashi23.com

 

どんな種類の油を摂るかが、体細胞の機能を決めると言っても過言ではありません。若々しい健康的な身体を手に入れるために、自分が口にしているものを知り賢く油を選択できるようになっていただけたら幸いです。