『ヨーグルトを食べるならいつ?』~朝?or夜?~

ヨーグルトを食べるとすれば朝昼晩の中でいつが多いですか?

食べる時間帯やタイミング、食べ方によって効果が変わってくるのでしょうか?

 

f:id:shunsukeohashi23:20180407145919j:plain

 

 ヨーグルトが腸内細菌を整えるために頼れる食品の1つであることは広く知られていますが、気を付けたいのは食べるタイミングです。もっとも効率よく摂取できるのは、朝よりも夕食後です。腸の働きが活発になる22時から翌2時に、腸を整える後押しとして効果を発揮します。夕食の時間帯にヨーグルトを食べることで、眠っている間に乳酸菌などの善玉菌が働いて腸が活性化し、腸内環境を整えたり、老廃物の排泄や有害物質を減らしたり、太りにくい体質作りに役立つとされています。

 

 

ヨーグルトのドカ食いはNG!

 乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があり、ヨーグルトに含まれているのは前者です。動物性乳酸菌の多くは胃や腸の消化液で死んでしまうので、じつは効果があまり期待できないとも言われています。しかし最近では、生きたまま腸まで届く動物性乳酸菌も登場しているため、摂取しているものがどのような物なのかを知ることも大切です。

 それよりも、ヨーグルトの過剰摂取によって体が冷えたり、脂肪の摂り過ぎに繋がって健康を害してしまっては本末転倒です。腸を冷やさないことも重要です。

 

 

朝ヨーグルトはダメなの?

 結論から言いますと、朝でも問題はありません。便意を起こすきっかけは朝食です。朝食で胃腸が刺激されることで蠕動運動(ぜんどううんどう:腸が伸び縮みして内容物を移動させる働き)が活発になり、スムーズなお通じに繋がります。

 

 

 一般的に腸の活動が活発になるといわれる夜の時間帯に摂取すると効果的ではありますが、ヨーグルトの効果については個人差もあるので、一概にこのタイミングがベストと言うことはできません。大切なのは、自分に合ったタイミングを見つけることです

 

 

www.shunsukeohashi23.com