『ダイエットの鍵は、腸内フローラ』~やせ菌を増やせ~

たくさん食べるのに太らない人もいれば小食なのに太りやすい人もいる、、。

その理由は、基礎代謝の量や遺伝によるものだと言われてきました。しかし、近年の研究で、太りやすさには私たちの腸内環境が大きく関係していることが分かってきたのです。

f:id:shunsukeohashi23:20180407163641p:plain

 「太る」「痩せる」の原因は、カロリーを中心に考えられていました。食べ過ぎと運動不足が肥満のおもな原因とされ、摂取したカロリーよりも消費されるカロリーの方が少ないと、余分なものが蓄えられて太ってしまう、という発想です。もちろんカロリーと脂肪は無関係ではありませんが、大食で運動量も普通なのにやせ型の人がいる以上、太るメカニズムはそれだけで説明できません。

 

 

腸内フローラの乱れが肥満の原因に!

  私たちの腸(ほとんど大腸)には、約3万種類、100兆とも1000兆ともいわれる数の菌が生息しています。腸内細胞は、人間が食べたものをエサにグループを作って生態系を形成しており、これを腸内細菌叢とか腸内フローラと呼んでいます。

 2016年、アメリカのジェフリー・ゴードン博士によって、「腸内フローラの乱れが、肥満の原因になる」という画期的な研究が発表されました。太った人とやせ型の人の腸内細菌を無菌のマウスに移植。その後、同じエサを与えて運動量も同じにして育てたところ、太った人の菌を移植したマウスは体重が増え、やせ型の人の菌を移植したマウスには変化なしという実験結果が出たのです。このことから、太った人とやせ型の人とでは、腸内フローラに明らかな違いがあることが分かりました。

「やせ菌」「でぶ菌」の正体とは!

 かなり大まかにいうと、やせ型の人の腸内フローラにはバクテロイデス門というグループに属する菌の割合が多く、太った人にはファーミキューテス門というグループに属する菌が多かったそうです。よって、「バクテロイデス」に属する菌をやせ菌、「ファーミキューテス」に属する菌をでぶ菌と言われています

 あるフードファイターの女性の腸内細菌を調べたところ、1日に7000kcal食べても太らないという彼女のデータでは、一般の女性に比べて「やせ菌」がとても多く、加えてビフィズス菌が多いのも特徴だったそうです。私たちは太りやすさや太りにくさは体質だと思いがちですが、それは人それぞれが持つ「やせ菌」の量、つまり腸内フローラの違いによるものといえます

 

 

 

天然のやせ薬『短鎖脂肪酸』!

 では、「やせ菌」が多いとなぜ太りにくい体質になるのでしょうか。それには、腸内細菌がつくり出すある物質が大きく関係しています。それが短鎖脂肪酸。油脂を構成する脂肪酸のひとつです。

 私たちが食事をすると、食べ物の栄養分のほとんどが小腸で吸収されて体全体に運ばれ、各器官に利用されます。つまり大腸まで届くのは、小腸で消化できなかったいわば残りカスですが、腸内細菌はそれをエサにして、短鎖脂肪酸をはじめとするさまざまな物質を作り出しています。このとき、腸内に「やせ菌」やビフィズス菌が多い人ほど、短鎖脂肪酸はたくさんつくられます。そして腸内でつくられた短鎖脂肪酸こそが「天然のやせ薬」ともいえる力を持っているのです。

短鎖脂肪酸の5つの働き!

①脂肪細胞が血液中の栄養分を取り込むことで肥大化して脂肪が過剰に蓄積されるのを防ぐ

代謝と深く関わる腸管ホルモンの分泌を促して、食欲を抑える

膵臓でのインスリン分泌を高め、血糖値の上昇を抑える

④交感神経を活性化させて、エネルギー消費を高める

⑤脳にも作用して食欲の抑制を促す

その結果太りにくい体質となるのです。

 

 

 

「やせ菌」を増やすには⁉

 「やせ菌」を増やすには、やはり食事が大切になってきます。

食べ物の多くは大腸に届く前に消化され、栄養として吸収されます。「やせ菌」のエサとなるには、途中で消化吸収されることなく大腸まで行き着くことが必要です。それが可能なのが、人の消化酵素では消化されない難消化性成分の「食物繊維」というわけです。

 食物繊維大まかに、水に溶けやすい水溶性食物繊維と、水に溶けにくい不溶性食物繊維とに分けられます。それぞれ特性は違うのですが、短鎖脂肪酸を作りやすいのは水溶性食物繊維です。

 水溶性食物繊維を多く含むものはオクラや長芋、レンコン、納豆、ゴボウ、らっきょうなどの野菜があります。そのほかにも、ひじきなどの海藻類、きのこ類、大麦やオートミールといった雑穀類が水溶性食物繊維を多く含みます。また発酵食品はそれ自体、微生物がつくった短鎖脂肪酸ともいえますので、これらを積極的に摂ると、「やせ菌」の多い腸内環境が整うでしょう。

f:id:shunsukeohashi23:20180408222539j:plain

 

 食生活によって腸内フローラを変えていくことは、ダイエット以外の様々な良い効果が期待できます。ぜひ継続していただけたら幸いです。

 

www.shunsukeohashi23.com

 

www.shunsukeohashi23.com