健康を守る4つの食べ方ルール!

 健康情報番組や、ピンポイントの健康法を声高にすすめる雑誌や書籍があふれる昨今、きちんとした知識がないままに、自己流の健康法にのめり込んで健康を害する人があとを絶ちません。気を付けるべきことを知り、勘違いを正して毎日の食事を有効に、そして美味しく楽しく食べたいものです。

 

f:id:shunsukeohashi23:20180418231304j:plain

 

健康を守る4つの食べ方ルール!

①ひとつのものだけを集中して食べない

 玉ねぎがいい、納豆が良いと、単品食材の持つ効果を強調する健康法が蔓延しています。テレビで話題になった翌日にはスーパーからその食材がなくなることもあるほどです。どれも、健康効果はあるでしょう。しかし、「いいと聞いたらそればかり」は間違いです。食材はバランス良く食べることが原則です。たとえ体に良いものでも、そればかり大量に食べれば必ずバランスが崩れます。納豆ばかり食べて痛風になったり、にがりを飲み過ぎて死亡した例もあるほどです。

 

②いい加減な続け方が良い加減だと心得る

 まじめな人ほど健康法による不健康にはまるといいます。「やろう」と決めたらきちんと長く続けるからです。流行りの健康法に偏りのないものなどほとんどありません。きっちり長く続ければ、それだけバランスを崩してしまいます。「腸にいいというからちょっと試してみようかな」「脳にいいらしいので、週に一度くらいは食べるか」というような、適当さでちょうど良いのです。

 

③枝葉の栄養素に惑わされない

 現代では、栄養素の名前が独り歩きする健康法があふれています。ポリフェノールは抗酸化作用がある、イソフラボンは女性ホルモン用作用がある、オメガ3系オイルは血管を丈夫にする……。研究結果がきちんと確認されているものは確かに健康維持に役立つでしょう。けれど、これらは枝葉の栄養素。太い幹となるのはきちんと体を作り、働かせる基本の3大栄養素なのです。バランスのいい食事をせずに、微量栄養素にこだわっても健康にはなれません。

 

④体に良くても加算は✖、プラスしたらマイナスも!

 体にいいからと、いつもの食事にプラスしていく人がいますが、これはNG。食べ物にはカロリーや塩分もあります。プラスしたらマイナスも必要です。アマニ油が血管に良いと聞いて、何にでもかけていて太ってしまったという人もいます。

 

 

www.shunsukeohashi23.com

www.shunsukeohashi23.com

 

 あなたの体はあなたの食べたものでできています。そう考えれば、1回の食事、1日の栄養もおろそかにはできないはずです。今すぐ食べ方を見直して、「不健康食」を排除することを心がけましょう。