ダイエットの近道『脂肪を燃焼する6大食品』!

食事をすると、消化や吸収、栄養の運搬などにエネルギーが使われ、体温が上がりますが、「カプサイシンなどの辛み成分は、この食事誘導性熱産生(=DIT)量を増加させる」と言われています。

f:id:shunsukeohashi23:20180425212756j:plain

 カプサイシン以外にも、魚油やポリフェノール、甘味料やにおい成分にも交感神経を刺激して、褐色脂肪細胞の働きを高めるものがあります。運動もせず、食べることだけで代謝を高めてエネルギー消費を増やすことから、これらの食品をとることを“食べる運動”という専門家もいるといいます。体温が1℃上がるだけで、免疫力が高まり、血の巡りが良くなるため、老廃物を排出しやすくなります。

 

 

脂肪を燃焼する6大食品!!

①唐辛子

 唐辛子に含まれる辛み成分のカプサイシンや、辛くない唐辛子に含まれるカプシノイドという成分は、熱や痛みを感知するTRPという温熱受容体に作用し、脂肪燃焼にかかわる交感神経の働きを高めることで、褐色脂肪細胞での熱産生を促進します。ただし、カプサイシンには血管を収縮して血圧をあげたり、心拍を上げる交感神経の働きを高める作用もあるため、とるのはほどほどにしましょう。

 

②ショウガ

 ショウガに含まれるジンゲロール、ショウガオール、パラドールなどの成分が、カプサイシンと同様、TRPという温熱受容体に作用して、脂肪燃焼にかかわる交感神経を高めます。

 

③グレープフルーツ・レモンの皮

  グレープフルーツやレモンに含まれる香り成分のリモネンは、交感神経を刺激してノルアドレナリンの分泌を促します。その結果、褐色脂肪細胞を活性化し、熱が作られます。グレープフルーツの香りをかぐと、末梢や背中上部の温度が上昇するという報告もあり、動物実験ではダイエット効果も確認されています。リモネンは特に皮部分に多く含まれています。

 

www.shunsukeohashi23.com

 

④黒コショウ

 脂肪燃焼のスイッチを入れるのはコショウに含まれる辛み成分のピぺリンです。コショウの中でも特に黒コショウに多く含まれているので、ダイエット目的で使うなら、白コショウより黒コショウがお薦めです。

 

⑤コーヒー

 コーヒーなどに含まれるカフェインは、脂肪細胞につながる交換神経と、脂肪細胞そのものに直接働きかける2つのルートで褐色脂肪細胞を活性化し、脂肪燃焼を促進します。

 

エキストラバージンオリーブオイル

 オリーブに含まれるポリフェノールの一種、オレウロペインは苦み成分で、カプサイシンと同様の温熱受容体に結合し、交感神経を介して脂肪燃焼を促進します。最も多く含まれるのはオリーブの葉の部分ですが、オリーブオイルならエキストラバージンオリーブオイルに比較的多く含まれています。

 

 

www.shunsukeohashi23.com

www.shunsukeohashi23.com

 

 カプサイシンをとっても体温が上がらない人もいます。太っている人に特にその傾向がみられます。それは、褐色脂肪細胞にかかわる交感神経活動が鈍り、熱をつくる機能が弱まってしまっているためといわれています。こういう人でも一定期間カプサイシンなどを含む食品をとり続けることで、食後の交感神経活動が高まり、弱まっていた機能が回復して、やせやすい体質に変わったという研究もあります。日常的に香辛料などを摂り続ければ、体質改善にもつながります。